売掛金の回収について弁護士に相談できること

売掛金の回収で弁護士に相談のすすめ・選び方

弁護士に相談できる?

売掛金が未回収の状態であり、相手方が支払いに応じない場合、弁護士は良き相談相手になってくれます。相談だけでなく、売掛金をはじめとする債権の回収を依頼することも可能です。依頼人の代理人として交渉、書類の作成や送付、提出、出廷といった具合に、回収に必要なことは全て任せることができます。必ずしも回収の依頼までする必要はなく、回収するためにはどうしたらいいのか、相談だけすることも可能です。相談するだけで何かメリットはあるのかと思う人もいるでしょうが、得られるものは少なくありません。具体的にどういうメリットがあるのかは別のページにまとめていますので、興味がある方はチェックしてみてください。

なお、債権回収を自力でまたは弁護士に依頼して行なうこと以外に、債権回収会社に依頼する方法もあります。債権回収会社はサービサーともいいますが、債権自体を売り渡し、債権回収会社の自社基準で算定された金額を受け取ることが可能です。債権回収会社に売り渡した債権が回収されるか回収されないかは関係ありません。この債権回収会社はどうかと思っている人もいるでしょうが、債権回収会社は弁護士とは違い、取り扱える債権の種類に法律によって制限がかけられています。取り扱いが可能な債権の種類は特定金銭債権のみとなっており、売掛金の回収などを行なうことは認められていません。したがって、売掛金の相談や回収依頼は弁護士にするのが得策ということになります。