売掛金の回収について弁護士に相談できること

売掛金の回収で弁護士に相談のすすめ・選び方

相談先の選び方

日本国内だけで、弁護士は3万人以上います。大勢いる弁護士のうち、誰に売掛金の回収に関する相談をしても、同じ結果になるわけではありません。弁護士には離婚問題を得意としている人もいれば、相続問題を得意としている人、交通事故問題を得意としている人など、各々に得手不得手があります。債権回収問題に関しても、強い人もいれば弱い人がいるのです。したがって、売掛金の回収に関する相談を弁護士にすることにした際には、この問題を得意としている法律事務所に相談することが、よい結果を出すためには重要です。

債権回収に強い弁護士であれば、相談によって的確なアドバイスを受けることができます。実績のある弁護士の力を借りたいところですが、相談をしたことがきっかけで回収を依頼することになる可能性もあるでしょう。相談時にもいえることですが、その場合に気になるのが弁護士費用の問題です。かかる費用は一律ではなく、依頼する法律事務所を決める上で弁護士費用は各事務所の比較すべき要素に含まれます。債権回収を得意としている法律事務所という条件を満たしていて、かけることのできるコストの範囲内で相談・依頼ができるところに決めましょう。相談料や着手金が無料のところもありますが、一方で成功報酬が高くないかなど、弁護士費用は内訳までしっかりと確認しましょう。

何をすべきかがわかる

売掛金の回収に関する相談を弁護士にするメリットは、大きくわけてふたつあります。まず、現状で発生している売掛金の回収トラブルの、ベストな解決方法を提案してくれます。売掛金の支払いが行なわれない場合の選択肢としては、裁判所を介することなく内容証明などで回収する方法、裁判所を介して訴訟、強制執行などによる強制的手段で回収を目指す方法、そして回収自体を諦めてしまうことも、売掛金トラブルの解決法に含まれます。弁護士に相談することにより、回収可能性、かかるコストなどを考慮してどの手段を選択するのが最善なのか、アドバイスをしてくれます。弁護士に回収を依頼すると費用倒れになってしまわないかどうかも、相談することでわかります。

最適な解決方法の提案を受けることができることのほか、弁護士に売掛金の回収に関する相談をすることで、文書の作成方法や交渉方法に関するアドバイスを受けることが可能です。作成する書類に盛り込むべき内容、盛り込むべきではない内容、有利な交渉の進めかた、不利に働く言動などを知ることが可能です。裁判所に対する連絡、裁判手続きで気をつける点などを把握することも可能です。以上のように、回収のために必要な情報を習得できる点が、弁護士に相談する大きなメリットといえるのです。

弁護士に相談できる?

売掛金が未回収の状態であり、相手方が支払いに応じない場合、弁護士は良き相談相手になってくれます。相談だけでなく、売掛金をはじめとする債権の回収を依頼することも可能です。依頼人の代理人として交渉、書類の作成や送付、提出、出廷といった具合に、回収に必要なことは全て任せることができます。必ずしも回収の依頼までする必要はなく、回収するためにはどうしたらいいのか、相談だけすることも可能です。相談するだけで何かメリットはあるのかと思う人もいるでしょうが、得られるものは少なくありません。具体的にどういうメリットがあるのかは別のページにまとめていますので、興味がある方はチェックしてみてください。

なお、債権回収を自力でまたは弁護士に依頼して行なうこと以外に、債権回収会社に依頼する方法もあります。債権回収会社はサービサーともいいますが、債権自体を売り渡し、債権回収会社の自社基準で算定された金額を受け取ることが可能です。債権回収会社に売り渡した債権が回収されるか回収されないかは関係ありません。この債権回収会社はどうかと思っている人もいるでしょうが、債権回収会社は弁護士とは違い、取り扱える債権の種類に法律によって制限がかけられています。取り扱いが可能な債権の種類は特定金銭債権のみとなっており、売掛金の回収などを行なうことは認められていません。したがって、売掛金の相談や回収依頼は弁護士にするのが得策ということになります。